私たちは、より良い社会を実現していくために、仕組みや制度を変えていこう、整えていこうという取り組み、いわゆるソーシャルワークを通じて、有用な社会資源として機能したいと考えております。
 それにより、「豊かな生活の基本資材」、「健康」、「安全」、「良好な社会関係」及び「選択と行動の自由」という、人間の福利(ウェル・ビーイング)の増進に寄与するとともに、単に、社会福祉という領域でのソーシャルワークに留まらず、頼もしいソーシャルワークの広がりを、社会問題のセーフティーネットの広がりに繋げていきたいと願っております。
 法人名である「みのりて」とは、少数派という言葉をフランス語(minorité)で表し、日本語読みしたものです。
 超高齢社会を迎え、もはや高齢者は少数派には当てはまらず、また、障がいや様々な課題を抱えている方も多いため、少数派とは言いがたい面もありますが、そうした方々に「実りある手」を差し伸べたいという思いも込め、「みのりて」と名付けました。
 多様な人間が互いの違いを受け入れ、活かしあいながら、それぞれに実力を発揮できる社会のあり方を目指し、活動していきたいと思います。


  



© 2020 特定非営利活動法人 みのりて