ADR(裁判外紛争解決手続)
をご存知ですか?


  身の回りで起こる様々なもめ事やトラブルを解決する方法といえば、裁判が代表的です。
 それ以外にも、トラブルを解決する方法があります。
 それが ADR(裁判外紛争解決手続)と呼ばれるものです。
 これは、民事上の紛争を、当事者と利害関係のない公正中立な第三者が、当事者双方の言い分をじっくり聴きながら、専門家としての知見を生かして、柔軟な和解解決を図るものです。
 一般的に、調停や、あっせんと呼ばれており、このような紛争解決手続は民間事業者が行っているものもあります。
 法務省では、このような紛争解決手続を行っている民間事業者の申請に基づいて、法律に定められた厳格な基準をクリアしているかどうかを審査し、クリアしているものを法務大臣が認証する制度を実施しています。
 みのりてでは、居住用住宅の敷金・原状回復に関するトラブル、外国人の職場・教育環境に関するトラブルについて支援を行っております。
 ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。




© 2020 特定非営利活動法人 みのりて